自律搬送台車 AiTran

最新技術 1工程間搬送の無人化と24時間連続稼動の課題にこたえる

自律搬送台車 AiTran
背景と課題

いま製造業の現場では、人手不足の深刻化に加え、単純作業で重労働である搬送作業の自動化ニーズが高まっています。従来のAGVは、ガイドラインに沿って走行するもので、決められた場所、決められたルートしかできませんでした。今日では、最適なルートを自律的に考えて動く、新たな搬送台車が求められています。
ダイヘンでは、初めての工程間搬送でも導入が容易で、機動性に優れ、多様な作業をこなす、高度な自律性を持った無人搬送台車を開発しました。それがAiTranです。

「搬送自動化」の課題
  • 通路や ピッキングエリアが狭い(自動搬送台車が通れない)
  • コース設定やコース変更に手間と時間がかかる
  • 電池交換や充電で非稼動時間が多い
  • 搬送器から重いワークを作業台に人がセットするのが重労働
初めての自動搬送も、高度な無人搬送システムもAiTranなら容易に実現可能。

ダイヘンの自律搬送台車 AiTranは、目的地と作業内容を指示するだけで最適な走行経路を自ら計画し、工場内での搬送からリフタによる積荷(最大1,000kg可搬)の上げ下ろし な対応します。AGV用ワイヤレス給電システム搭載により、充電やバッテリ交換の手間とダウンタイムがなく24時間連続稼動が可能になります。

動画

動画

課題
  • 通路やピッキングエリアが狭い(自動搬送台車が通れない)

課題を解決する機能 1「導入場所を選ばない高い機動性と走行性」

360°全方向移動で小回り抜群!

ダイヘン独自設計の低振動オムニホイールにより、前後左右、ななめ、その場回転など小回りのきくなめらかな動きで全方向に搬送!360°全方向移動で小回り抜群!

狭いスキマでもスマートに進入

内蔵カメラににより、狭い架台やエレベータでも、車体幅に対して左右100mmずつのスペースがあれば進入できます。±5mmの精度で精密位置決めし、スムーズに架台に進入します。
また低床なので、荷物の下にもぐりこんでそのまま搬送可能。積み下ろしの手間がかかりません。

※位置決め精度は条件により変化します。

動画

動画

課題
  • コース設定やコース変更が手間と時間がかかる

課題を解決する機能 2「自分で最適経路を判断する高度な自律機能」

ガイドレスで自動最適経路生成
ガイドレスで自動最適経路生成

目的地を指定すると、地図情報から最適な経路を自動生成し、自律走行。レーザスキャナで障害物を全方位検知。検知すると経路を再考し、別ルートに迂回します。これにより教示工数の低減、稼働率の向上が実現できます。

経路、地図設定は簡単、
その場でタブレット操作
経路、地図設定は簡単、その場でタブレット操作

ルート設定・変更は、ほぼタブレット操作のみでその場で可能。従来のように外部業者に依頼する必要がありません。

リアルタイム管制により
複数台運行が容易
リアルタイム管制により複数台運行が容易

移動経路の交差エリアでの台車通行を管制し効率的な搬送を実現します。台数増にも柔軟に対応可能です。

課題
  • 電池交換や充電で非稼動時間が多い

課題を解決する機能 3「ワイヤレス給電システムD-Broadを搭載」

動画

24時間連続稼動を実現

24時間連続稼動を実現

24時間連続稼動を実現

ダイヘンの効率的なワイヤレス給電システム「D-Broad」によって、人手による充電作業が不要に。24時間連続稼働を実現。

課題
  • 搬送器から重いワークを作業台に人がセットするのが重労働

課題を解決する機能 4「1,000kgまでの重量物を搬送、積み下ろしも対応」

パワフルなリフト機能で受け渡しも省力化

パワフルなリフト機能で受け渡しも省力化

パワフルなリフト機能で受け渡しも省力化

1,000kgまでの重量物を搬送可能。リフタにより荷物の積み下ろしまで行います。